私达はすべてがあまり好きだと信じているなど、かたくなに永远が间违っていないことを待って、美しい歳月はこのようにしてつみ重ねていく中で使い果たしてしまう。生命の中の物事は保鲜期にのあれらのすばらしい愿望だけなら、丁寧に祀られて期待されたテーブルに座ってい親子關係た台に、ではそれしかない歳月の中で使われています。そんなある日、私たちが発見された私达はすべてすでにだんだん年老いていくときに、やっと実感しがそんなに多いを失った貴重なものなんだよ!

今の私は、先頭に立って、私は1つの新しいスタートラインにうんざりする長いを渋って待って、ことがないように生命の花が散発的な感傷に散る。素敵な雨城ですから、幸せでの季節になると、ボートは、港湾軽く漂う、蝶は金色をかきわけると飞び回りながら、こおろぎは静谧な芝生の上に歌、きらきら光るホタルが舞って薄い衣のような翼は、その光の絡み合った世界に伝えるような美しさを筑いて楽しい時間を過ごしている。星のすりぬけ亮果てしなく広い芦苇荡で、喧嘩した人も、見て胸のうち漂っていた。明媚な太阳も日に日に大きく育ってゆくにしようとするぐみだったのですが、それが到来したことから、日々、春夏秋冬四季のだった。流れの欢畅架かって、青衣川の流れていき月供基金ましたのを、行ってしまった歳月の交代が心の彷徨を思い、静かな心海に滑り、と三人で静かなのは、涼しい木陰の下で、清悠のみだった。走る平らな一周の大通りで目を閉じ、て目を開けると、過程で、風に聳えた前髪を開け、顔をあげ腰肢が自慢のあごを强く感じてむこうの微による虎狼の花の香りを訪れて、著/風の中で人を引き付けることで素敵な鸟のさえずり虫唸った。頭上の光源ヵ所から漂って暖かい光を、光は白紙に均等に広げ、少しずつ浸透したのだから、その深い浅い筆画中だ。両手をひろげて、空を见上げると、貪欲楽しくペロペロ著組み込み著草花移り香の空気を心で感じ、静かな、自分だけの违うことは、爪先き、回転する踊っている。喜んでここに植えるの心の中の花籽、静かに待っているの花が映ったあの日!

生活の轨道に乗ってをした時から、紧张し、充実した学生生活を急いでを往来する人の中に、騎一台自転車を雨風あるける,信じる努力生活换未来と楽しい時間を過ごして!他の選択がないように、私が行っていて1粒の露をして、努力して、大切にダイヤを、ウォーミングアップをした高洁成一枚の星;痛くないと痛されればそんなに純粋なので、そんなに爱や梦もないではきらきらする。の美しい風景は孤独で、もしあるひと通渠ペアの慧眼」と言えば、私は勇敢などの美しい風景、ほんの一瞬の间に引かれていることも、私の心。

寂しい夜人感伤的になって、私はしたくない考えすぎず、一人で会太センチメンタリズムと、目の前の明かりを引き伸ばした姿ができ、冷たい街面、見上げると、それに非ならではの「ムーンライト」したことを受けて、天の向こうの家が果たしてあるのかたぎり騒然とする。もと懐かしさは本当に病気、毎記の中で重いハンマー、どれだけだと踏んでいたが、気の强さがいいかげんに記憶あれらの日で、あれらのかつて话していて永远に别の人は、今は散らかってい天涯しました。なんて逆転することを希望している时间でしたが、以前のように時間を過ごしては愿いません!そこで私は时に刻まれて机の角を待っていたところのありようが幸せだから少しずつに入居する私の世界の中にいます。秋の思考にどう復だったのだろうか。夜驚梦をもたれる階月見に、月不眠、人も未の眠を発见して、家で何やら去っにこんなに远く行って;私のような形をして凧を懐かしさが线どころか、著家はもちろん、てくれているから、閑散としていて、家、ずっと住んでいるところは私の胸に。运命の神をさせてそっと收藏私の恋しい思いのように静かに貯蔵して家の温存、私は小さな鷹、私は凧が必要となるが、青い空、追迹して新しい完全で、新しい记忆!